« 昨日のフェスティバルの実演は終わりました | トップページ | 忙しくてなかなか進みません »

2011年9月13日 (火)

昨日はフェスティバルの後かたづけに行って来ました

帰り道に浄智寺と覚園寺に寄って来ました。覚園寺には鎌倉時代に作られた阿閦如来、薬師三尊、十二神将、黒地蔵、愛染明王など沢山の仏様が有り、皆じかに見る事が出来ます。鎌倉ではこのようなお寺はほとんど有りません。また丁寧な説明もしてもらえます。

Imgp2989

Imgp2990

これは覚園寺で求めた十三仏曼荼羅です。十三仏曼荼羅はあの世にいる閻魔様などの十三王を仏に変えて、その仏様を拝む事によって亡き人の追善供養になり、またそのことによって善行の功徳になり、自分が十三王の審判から救済され善處に生まれ変われると信じられて信仰が盛んになったものです。
   初七日(しょなのか)  秦宏王  不動明王         
   二七 (ふたなのか)  初江王  釈迦如来
   三七 (みなのか)   宋帝王  文殊菩薩
   四七 (よなのか)   五官王  普賢菩薩
   五七 (いつなのか)  閻魔王  地蔵菩薩
   六七 (むなのか)   変成王  弥勒菩薩     
   七七 (満中陰)    太山王  薬師如来
   百ヵ日         平等王  観世音菩薩
   一周忌         都市王  勢至菩薩
   三回忌        五道転輪王 阿弥陀如来
   七回忌         蓮上王  阿閦如来    
   十三回忌        抜苦王  大日如来
   三十三回忌       慈恩王  虚空蔵菩薩
回忌とそれを司る十三王と十三仏の関係です、それぞれの縁日の日に行くと七倍の効果があるそうです。            

« 昨日のフェスティバルの実演は終わりました | トップページ | 忙しくてなかなか進みません »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日はフェスティバルの後かたづけに行って来ました:

« 昨日のフェスティバルの実演は終わりました | トップページ | 忙しくてなかなか進みません »